Consultant for information distribution + AD Creative

SNSから運用型広告まで、ビジネスの情報配信をクライアントと一緒に考え、実践するコンサルタントです。

近年、情報配信のカタチは多様化しています。ビジネスがどの段階にあるのか、業種、顧客層などによっても、ふさわしいカタチが異なります。例えば、扱うサービス・商材によって、TwitterやFacebook、LINE、InstagramなどのSNSの中で、運用がうまくいきやすいSNSは変わりますし、またウェブサイトやSNSの、どこにどれくらいの運用リソースとコストをかければいいのか、という点でも、各企業ごとにちょうど良いバランスは千差万別で全く違います。

こういった情報配信は、ユーザーのインターネットの利用状況に合わせてカタチを変えていく必要があり、現代の社会では情報を配信している全ての人が、このような課題に関して模索を続けていると言えます。

SOREIYU,Inc.では、情報をどのように配信していくか、長期的に継続できる運用のカタチ・バランスはどのようなものか、またふさわしい情報の打ち出し方は?といった、情報配信において欠かせないポイントをクライアントと一緒に考え、その広報・広告活動を、中・長期的にサポートします。

SNSでの運用型広告と改善施策を試してみませんか?

ウェブサイトやSNSを積極的に更新・運営していても、それをたくさんの新しいユーザーに見てもらうことは簡単ではありません。運用のどこかのタイミングで広告施策を実施することで、新たな顧客層にリーチする機会を効率良く増やすことができます。中でもSNS広告は低予算からはじめられる広告施策で、今では誰もが、各SNSで自分の広告を配信できるようになりました。

SOREIYU,Inc.では、2015年から約3年、SNSでの運用型広告の企画・改善施策に力を入れて事業を行ってきました。広告を見るユーザーの反応は、ビジュアルや情報の伝え方によって大きく変わるため、広告効果の改善や最大化を目指す場合、運用の傍で、キャッチコピーやビジュアルデザインを検証し、段階的に改善に努めるという 調査〜分析〜改善のフローを通してクリエイティブを磨いていくような、長期的な取り組みが欠かせません。

コンサルティングを通して施策をご提案する際には、SNSでの運用型広告を強くおすすめしています。またこちらは、広告代理店や制作会社などの外部パートナーとしてのご相談も受け付けております。

※守秘義務遵守のため、広告運用に関する制作実績及びナレッジなどは公開しておりません。
pdf版の会社案内をご希望の方は、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

Designer

photo : 2017年、秋。

photo : 2017年、秋。

Soeiyu,Inc.

Ceo / Designer / Consultant

江川 知影

(えがわ ちかげ)

昨今、マーケティングやアクセス解析といったデータ活用の普及によって、私たちデザイナーはより簡単に、自分の仕事の成果を数字で見られるようになりました。これまでなんとなくでしか評価・分析できなかったビジュアルデザインの仕事に対しても、+α(プラスアルファ)の理論的検証を加えられるようになったのですから、デザイナーにとっては革命的な変化と言えます。

運用型広告は、分析・数値ありきの世界ですが、私は広告の仕事をするようになって、クリエイティブの追求が結果に大きな違いを生み出すのだと、大きく自信を持って言えるようになりました。基本的なデザインのルールはもちろん、デザイナーのこだわりだって、広告クリエイティブの世界では決して無駄ではありません。はじめてそれを実感したのは、ようやく数字に慣れてきたかな…という頃でした。自分でそう感じられるなんて…と、本当に嬉しかったです。

また、数字を扱った仕事をしているうちに、これまで長年やってきたデザイン制作よりも、マーケティングや企画の方が自分には向いていると思うようになりました。最近はコンサルティング業のおもしろさと、マーケティングの楽しさ、そして難しさを実感しています。活動については江川知影のFacebookページをご覧ください。

※このところTwitterアカウントも自分でも活用するようになりました。また『Netflixとゆるいマーケティングの話』をLINE Blogで書き始めました。どうぞよろしくお願いします。